BTCBOX(ビーティーシーボックス)で取引履歴をダウンロードする方法

BTCBOXは2014年の3月に設立された取引所です。
日本版と国際版の2つの取引所があり、取り扱い通貨ペアとサービスが少し異なります。
ここでは日本版からデータを取得する方法について説明します。

Gtaxでの計算に必要な取引履歴一覧

BTCBOXで取得する必要がある取引履歴は以下の通りです。漏れがないように記事を参照し、取得してください。
Trade History(取引履歴)
Transfer History(入出金履歴)

取引履歴の取得方法

BTCBOXは大きく分けて3つの取引履歴が入手できるので、ひとつずつ説明していきます。

1.BTCBOXにログインします。

言語を日本語に設定して、画面右上のログインをクリック。

2.財産センターをクリック。

画面右上の「財産センター」をクリックします。

左側にメニューボックスが現れるので、そこで「取引履歴」を選択します。

 

「取引履歴」のダウンロード方法

取引の明細はBTC、BCH、LTC、ETHがあります。まずはBTCの取引明細のダウンロード方法を説明します。

「BTC」をクリックしてください。そのあと入手金明細をクリックします。

取引履歴を選択すると「btc_history」というファイル名のcsvファイルがダウンロードされます。
データは1日1回しかダウンロード出来ない仕様になっていますのでご注意ください。

同じようにして、BCH(「bch_history」)、LTC(「ltc_history」)、ETH(「eth_history」)もダウンロードしましょう。

 

「入出金履歴」のダウンロード方法

まずログインし、取引履歴の画面を表示します。

 

「入手金履歴」をクリックすると「transfer_history」というファイル名のcsvファイルがダウンロードされます。

 

年末の仮想通貨保有数を確認しましょう

損益計算を行った際に「計算上の仮想通貨保有数」と「実際の年末仮想通貨保有数」を照らし合わせることにより計算結果の正確性を検証する方法があります。
この検証を行うことによりデータの不足が無いかなどもチェックできるのでしっかり記録しておきましょう。

【残高報告書】のダウンロード方法

「残高報告書」をクリックすると「finance_history」というファイル名のcsvファイルがダウンロードされます。

【完全保存版】主要仮想通貨取引所の取引履歴ダウンロード方法まとめ

2018.01.03

仮想通貨の税金計算をするためには?

  1. 計算に対応している取引所数国内No.1
  2. 複雑な仮想通貨の損益を自動で計算
  3. 4STEPでシンプルに計算完了