BTCBOXの取引履歴の取得方法

BTCBOXは2014年の3月に設立された取引所です。
日本版と国際版の2つの取引所があり、取り扱い通貨ペアとサービスが少し異なります。
ここでは日本版からデータを取得する方法について説明します。

Gtaxでの計算に必要な取引履歴一覧

BTCBOXで取得する必要がある取引履歴は以下の通りです。漏れがないように記事を参照し、取得してください。
・Trade History(取引明細)
・Transfer History(入出金明細)

取引履歴の取得方法

BTCBOXは大きく分けて3つの取引履歴が入手できるので、ひとつずつ説明していきます。

1.BTCBOXにログインします。

言語を日本語に設定して、画面右上のログインをクリック。

2.財産センターをクリック。

画面右上の「財産センター」をクリックします。

左側にメニューボックスが現れるので、そこで「取引履歴」を選択します。

 

【取引明細】のダウンロード方法

取引の明細はBTC、BCH、LTC、ETHがあります。まずはBTCの取引明細のダウンロード方法を説明します。

「BTC」をクリックしてください。そのあと入手金明細をクリックします。

取引履歴を選択すると「btc_history」というファイル名のcsvファイルがダウンロードされます。
データは1日1回しかダウンロード出来ない仕様になっていますのでご注意ください。

同じようにして、BCH(「bch_history」)、LTC(「ltc_history」)、ETH(「eth_history」)もダウンロードしましょう。

 

【入手金明細】のダウンロード方法

まずログインし、取引履歴の画面を表示します。

 

「入手金明細」をクリックすると「transfer_history」というファイル名のcsvファイルがダウンロードされます。

 

【残高報告書】のダウンロード方法

同じように取引履歴の画面を表示します。

「残高報告書」をクリックすると「finance_history」というファイル名のcsvファイルがダウンロードされます。

\

仮想通貨の確定申告(税金)にお困りですか?

仮想通貨の取引で一定の利益が出た方は確定申告が必要です。申告をしないと申告漏れによるペナルティが課される可能性があります。株式会社Aerial Partners(エアリアル・パートナーズ)では、仮想通貨に精通した税理士による申告までの総合的なサポートサービス『Guardian(ガーディアン)』と、仮想通貨取引の損益計算システム『Gtax(ジータックス)』を提供しています。