bitbankの取引履歴の取得方法

ニュースサイト「bitcoin news」の運営、仮想通貨取引所の開設支援サービスの開始、ブロックチェーン大学校の運営、中国の大手仮想通貨取引所とのいち早くの提携など、取引所としてだけでなく、幅広いビジネス展開が特徴的なbitbank。リップルやモナコインを扱っていたり、最大20倍までのレバレッジ取引が可能であるなど、重要なポジションを占めている国内の取引所です。

現状では、売買取引履歴の取得のみが可能

現状(2018年1月5日現在)では、売買取引履歴の取得のみが可能で、入出金履歴、預入・引出履歴の取得はできません。
ここでは、現状可能な売買取引履歴の取得を説明します。

売買取引履歴をダウンロードする方法

1.bitbankにログインする

2.取引履歴をダウンロードする。
①をクリックしメニューを開きます。

②の取引履歴をクリックします。
取引日時を指定し(一時的に制限されている場合があります)、
③の通貨ペアは空欄をを選択します(空白を選択することで全ての通貨ペアが確認できます)。
④をクリックしCSVデータをダウンロードします。

 

各通貨の入金・出金履歴の入手方法

現在(2018年2月5日)、各通貨の入手金履歴のCSVデータは入手できないため、履歴をエクセルにコピー&ペーストします。

①「入出金」のメニューをクリックし、履歴がある通貨の②「入出金」を選択します。

その後、入金あるいは出金履歴を表示し、履歴をコピーしてエクセルに貼り付け(A1セルを始点に一括貼り付け)してください。

以上を各通貨の入金、出金で行い、履歴取得は完了です。

仮想通貨の確定申告に困ったら?

国内の仮想通貨取引所を複数お持ちの方や、海外をまたにかけてビットコイン(Bitcoin)、イーサリアム(Ethereum)、ネム(NEM)などの売買、ICOへの参加、マイニングなどをされていると取引履歴が膨大になります。「ダウンロードできたけどここからどうしよう・・・」、「周りに相談できる人がいない」と確定申告に不安を感じていると思います。

株式会社Aerial Partnersでは、仮想通貨に精通した認定仮想通貨税理士による申告までの総合的なサポートサービス『Guardian』と、仮想通貨売買の損益算出サービス『G-tax(β版)』を提供しています。

株式会社Aerial Partnersの提供する『G-tax(β版)』と『Guardian』の違いについて

2018.01.05