bitbankの取引履歴の取得方法

ニュースサイト「bitcoin news」の運営、仮想通貨取引所の開設支援サービスの開始、ブロックチェーン大学校の運営、中国の大手仮想通貨取引所とのいち早くの提携など、取引所としてだけでなく、幅広いビジネス展開が特徴的なbitbank。リップルやモナコインを扱っていたり、最大20倍までのレバレッジ取引が可能であるなど、重要なポジションを占めている国内の取引所です。

Gtaxでの計算に必要な取引履歴一覧

bitbankで取得する必要がある取引履歴は以下の通りです。漏れがないように記事を参照し、取得してください。
・取引履歴
・入金履歴
・出金履歴

取引履歴の取得のみCSV形式での取得が可能

現在(2018年11月8日)取引履歴のみがCSV形式で取得が可能です。入出金履歴の取得は、履歴をエクセルにコピー&ペーストして保存してください。

現在(2018年11月8日)CSV形式での取引履歴の最大ダウンロード可能件数は500件となっています。500件以上の取引履歴がある場合でも、期間を都度絞ってダウンロードを行い、複数のファイルに分けることで網羅的に作成することは可能です。
ただし、この方法だと取引履歴が重複したり漏れたりする可能性があるため、取引件数が500件を超える場合はコピー&ペーストでの作成を推奨します。

【取引履歴】をCSV方式でダウンロードして取得する方法

売買取引歴が500件を超えない場合は、以下の記事を参考に取引履歴をCSV形式でダウンロードすることを推奨します。
1.bitbankにログインする

2.取引履歴をダウンロードする。
①をクリックしメニューを開きます。

②「取引履歴」をクリックします。
③通貨ペアは空欄を選択します。(空白を選択することで全ての通貨ペアが確認できます)
④2日(48時間)以前の履歴をダウンロードする場合は、右下の「こちら」をクリックします。
⑤取引期間を指定し「検索」をクリックします。(一時的に制限されている場合があります))
⑥「CSVダウンロード」をクリックしCSVデータをダウンロードします。(取引履歴順にダウンロードできます)
500件以上の取引履歴がある場合は、期間を絞り、複数回に分けてダウンロードをおこなってください。

【取引履歴】をコピー&ペーストして取得する方法(コピペ)

取引履歴が500件を超える場合は、以下の記事を参考に取引履歴をコピー&ペーストすることを推奨します。
①「取引履歴」をクリックします。
②通貨ペアは空欄を選択します。(空白を選択することで全ての通貨ペアが確認できます)
③2日(48時間)以前の履歴をダウンロードする場合は、右下の「こちら」をクリックします。
④取引期間を指定し「検索」をクリックします。(一時的に制限されている場合があります)

そうすると、売買取引履歴が表示されるので、「注文ID」、「取引ID」、「通貨ペア」、「売/買」、「数量」、「価格」、「手数料」、「M/T」、「取引日時」を、ヘッダーを含め、すべてコピーしてください。
履歴のコピー後、記事下部にある「エクセルへのコピー&ペースト」を参照し、取引履歴を作成してください。

 

【入金・出金履歴】をダウンロードして取得する方法(コピペ)

現在(2018年10月15日)、各通貨の入手金履歴のCSVデータは入手できないため、履歴をエクセルにコピー&ペーストします。

入金履歴を取得する方法
メニューから①「入金」クリックし、履歴がある通貨の②「入金」を選択します。

画面をスクロールして、入金履歴を表示し③「日時」、「数量」、「ステータス」をヘッダーを含め、すべてコピーしてください。

履歴のコピー後、記事下部にある「エクセルへのコピー&ペースト」を参照し、取引履歴を作成してください。

出金履歴の入手方法

メニューから「出金」をクリックし、履歴がある通貨の「出金」を選択します。
その後は、「入金」を参照しながら、同様の手順で作成してください。

 

エクセルへのコピペを作成する方法

エクセルを起動してください。
シートの①「A1」を右クリックし、②「値のみ貼り付け」もしくは、「貼り付け先の書式に合わせる」を選択し、ペーストしてください。

エクセルのシートに、履歴がペーストされるので、データがセルに分割されていること、ヘッダがペーストされていることを確認してください。

確認出来たらファイルに名前(bitbank_deposit.xlsx)を付け、保存してください。

 

以上を各通貨の入金、出金で行い、履歴取得は完了です。

【完全保存版】主要仮想通貨取引所の取引履歴ダウンロード方法まとめ

2018.01.03

仮想通貨の確定申告(税金)にお困りですか?

仮想通貨の取引で一定の利益が出た方は確定申告が必要です。申告をしないと申告漏れによるペナルティが課される可能性があります。株式会社Aerial Partners(エアリアル・パートナーズ)では、仮想通貨に精通した税理士による申告までの総合的なサポートサービス『Guardian(ガーディアン)』と、仮想通貨取引の損益計算システム『Gtax(ジータックス)』を提供しています。