bitFlyer取引履歴の取得方法

ビットコインの取引量NO.1と言えばbitFlyer。いち早くテレビCMを放映したりビックカメラや店舗でのビットコイン決済の導入と仮想通貨業界でも普及を目指して様々な展開をされている仮想通貨取引所です。

※『G-tax(β版)』をご利用の方へ、bitFlyer Lightningの取引履歴はG-taxでの計算とは別計算で所得に加算するので、取引履歴を取り込む必要はありません。

bitFlyerの取引履歴の取得はまとまっている

通常取引の履歴をダウンロードする方法

1.bitFlyerにログインする(以下、同様)
bitflyertop

bitflyerlogin

2.取引履歴をダウンロードする
ログイン完了したら左側のメニューから①「お取引レポート」をクリックします。

お取引レポートの画面が表示されたら、すべてのお取引を選択し、②「表示中のレポートをダウンロードする」をクリックしてエクセルファイル(TradeHistory_YYYYMMDD.xls)をダウンロードします。

 

bitFlyer Lightningでの履歴をダウンロードする方法

※『G-tax(β版)』をご利用の方へ、bitFlyer Lightningの取引履歴はG-taxでの計算とは別計算で所得に加算するので、取引履歴を取り込む必要はありません。

ログイン完了したら左側のメニューから①「bitFlyer Lightning」をクリックします。

②画面左側のマークをクリックし、Lightningのメニューを開きます。

③「お取引レポート」をクリックします。

④「Lightningでの全履歴」をクリックしてエクセルファイル(Lightning_TradeHistory)をダウンロードします。

bitFlyer Collateral(証拠金)の履歴をダウンロードする方法

引き続きLightningのお取引レポートから

⑤「証拠金の履歴」をクリックしてエクセルファイル(CollateralHistory)をダウンロードします。
以上で完了です。

旧フォーマットのアップロード方法

G-taxで、取引履歴を旧フォーマット(「TradeHisitory(TradeHistory_YYYYMMDD.xls)」)のファイルをアップロードした際、取り込みできない場合があります。その場合は、新たにファイルをダウンロードしていただくか、以下の方法をお試しください。最近、bitFlyerに上場したリスク(LSK)の売買など取引履歴のある方は、必ず新たにダウンロードしてください。

旧フォーマットを開き、アルトコインであるリスク(LSK)の売買などにの履歴が記載されている「Y、Z、ZZ」の3つの列を削除してください。

その後、ファイルを保存すれば、G-taxの旧フォーマットに対応したファイルに変換されます。G-taxにアップロードして取り込まれるかお試しください。

仮想通貨の確定申告に困ったら?

国内の仮想通貨取引所を複数お持ちの方や、海外をまたにかけてビットコイン(Bitcoin)、イーサリアム(Ethereum)、ネム(NEM)などの売買、ICOへの参加、マイニングなどをされていると取引履歴が膨大になります。「ダウンロードできたけどここからどうしよう・・・」、「周りに相談できる人がいない」と確定申告に不安を感じていると思います。

株式会社Aerial Partnersでは、仮想通貨に精通した認定仮想通貨税理士による申告までの総合的なサポートサービス『Guardian』と、仮想通貨売買の損益算出サービス『G-tax(β版)』を提供しています。

株式会社Aerial Partnersの提供する『G-tax(β版)』と『Guardian』の違いについて

2018.01.05