bitFlyer(ビットフライヤー)で取引履歴をダウンロードする方法

ビットコインの取引量NO.1と言えばbitFlyer(ビットフライヤー)。いち早くテレビCMを放映したりビックカメラや店舗でのビットコイン決済の導入と仮想通貨業界でも普及を目指して様々な展開をされている仮想通貨取引所です。

『Gtax』をご利用の方へ、bitflyer Lightningの取引履歴はGtaxでの計算とは別計算で所得に加算するので、取引履歴を取り込む必要はありません。
『Gtax』では、取引履歴の旧フォーマット(「TradeHisitory(TradeHistory_YYYYMMDD.xls)」)のファイルに現在対応していません。本記事を参考に必ず新たにダウンロードするようにしてください。

Guardianでの計算に必要な取引履歴一覧

Guardianを利用する際に、bitFlyerで取得する必要がある取引履歴は以下の通りです。
漏れがないように記事を参照し、取得してください。
取引履歴(TradeHistory)
FX取引履歴(CollateralHistory_日付)
充当履歴(ConversionHistory_日付)

「すべてのお取引の履歴」をダウンロードする方法

1.bitFlyerにログインする(以下、同様)


2.取引履歴をダウンロードする
ログイン完了したら左側のメニューから「お取引レポート」をクリックします。

お取引レポートの画面が表示されたら、「すべてのお取引」をクリックしてください。
すると、自動的にエクセルファイル(TradeHistory_YYYYMMDD.xls)のダウンロードが開始されます。
※旧フォーマットを選択してダウンロードすることができますが、Gtaxでは旧フォーマットには対応していませんのでご注意ください。

 

「証拠金の履歴(bitFlyer Collateral)」をダウンロードする方法

bitFlyer Collateral(証拠金)ご利用の方

引き続きお取引レポートから

「証拠金の履歴」をクリックしてエクセルファイル(CollateralHistory)をダウンロードします。

「充当履歴」をダウンロードする方法

引き続きお取引レポートから

「充当履歴」をクリックして、エクセルファイル(ConversionHisotry)をダウンロードします。

【完全保存版】主要仮想通貨取引所の取引履歴ダウンロード方法まとめ

2018.01.03

bitFlyerの取引履歴をダウンロードできたら

取引所から履歴を取得できたら、仮想通貨取引による損益を計算し税金の金額を確かめる必要があります。
必要があることはわかっていても、「確定申告って難しそう」と思う方も少なくないようです。

そこでお勧めしたいのが、1分でカンタン無料診断できる『かんたん3STEP診断!仮想通貨の確定申告流れをチェック』
ほとんどの人にとって、仮想通貨に関する確定申告ははじめてになります。まずは自分にあった確定申告の流れを調べてみることからはじめてましょう。

年末時点の仮想通貨保有数を確認しましょう

損益計算を行った際に「計算上の仮想通貨保有数」と「実際の年末仮想通貨保有数」を照らし合わせることにより計算結果の正確性を検証する方法があります。
この検証を行うことによりデータの不足が無いかなどもチェックできるのでしっかり記録しておきましょう。

取引所にログインして、ページ左側の「ホーム」をクリックしてください。

緑の枠で囲ってある「通貨名」と「数量」の情報をエクセルファイルに集計するか、画面をスクリーンショットして記録するなどして保管しましょう。

仮想通貨の税金計算でモヤモヤしていませんか?

  1. 2017年度サポート実績No.1
  2. 仮想通貨の税金・確定申告をおまかせ
  3. 仮想通貨に精通した税理士が徹底サポート

bitFlyerをGuardianで税金計算する