coincheckの取引履歴の取得方法

仮想通貨を2017年に始めた方の利用がとても多いと思われるcoincheck(コインチェック)。日本最多の仮想通貨ペアを扱っている取引所なので、初めて仮想通貨を購入したのがcoincheckだったという人は多いのではないでしょうか?

普段はチャートやSNSでの情報でトレードに集中していたり、アプリで見ていると今までの入出金や取引履歴を細かく見直すということはあまりないですよね。

でも、確定申告の際に収支計算をする際には必ず必要な重要な情報です。そこで今回はcoincheckでの取引履歴の確認とデータのダウンロード方法をご紹介します。

coincheckの取引や入出金の履歴表示はまとめて見れる?

 

ウォレット内での購入履歴の入手方法

まずはウォレットにクリックしてください。

coincheckでは画面の左横に行いたい項目が主に並んでいます。
コインチェックサイドバー

販売所での通貨購入履歴

例えば①「コインを買う」をクリックすると下記のような画面になりますよね。ここで今まで購入した仮想通貨の履歴を確認することができます。

②「CSVとしてエクスポート」をクリックして履歴をダウンロードできます。

 

販売所での通貨売却履歴

では、売却した履歴はどこで見るのでしょうか?その為には①「コインを売る」を見なければいけません。そうすると下記のように売却した一覧のみが表示されます。

こちらも②「CSVとしてエクスポート」をクリックして履歴をダウンロードできます。

 

この様にコインチェックでは「各取引に対しての履歴」が各ページに表示されるのです。
各取引とは
「コインを買う」
「クレジットカードで買う」(「CSVとしてエクスポート」ボタンなし、利用制限中

「コインを売る」
「日本円/USドルを入金する」(「CSVとしてエクスポート」ボタンなし、コンビニ入金・クイック入金は現在停止中)
「日本円を出金する」(「CSVとしてエクスポート」ボタンなし)
「コインを送る」(通貨送金は停止中)
「コインを受け取る」(通貨入金は停止中)

になります。
※「日本円/USドルを入金する「クレジットカードで買う」」の履歴はG-taxで計算する際に不要です。

それでは次に、取引所の約定データをダウンロードしてエクセル等の表計算ソフトで確認する方法をご紹介しましょう。

coincheck取引所の約定履歴をダウンロードする方法

2018年1月10日時点、coincheck取引所では約定履歴のCSVダウンロードは一度に最大5000行で、これを超えた分は切られてしまう仕様となっております。「期間の指定」よりも、「行数制限」の方が優先し、制限を超えても何の警告も出ず単に省略されます。5000行を超えるおそれがある方は、1年間の取引記録を期間を適当に区切り、5000行を超えていないか確認しつつ全部取得していただきますようお願いいたします。

現在(2018年2月20日)、上記に関して仕様が変更となり「期間の指定」を行うことができなくなっております。5000行を超えるおそれがある方は、ご自身の約定履歴が全て網羅されているかお確かめください。

1.ログイン
コインチェックログイン

2.二段階認証キーの入力
コインチェック2段階認証

3.ログイン後の画面から取引所をクリックします。

4.約定履歴をクリックの後、「詳細を表示」をクリックします。

5.「CSVダウンロード」をクリックし、ダウンロードしましょう。

※現在(2018年2月20日)、取引所の仕様変更により、期間を指定する機能は廃止されております。

ファイルを保存する際にファイル名を変更しないでください。

※【注意】「月ごとの取引履歴」はCSV読み込み時にエラーが起こります。
月ごとの「取引履歴」ではありませんのでご注意ください。
下の写真の「設定」「取引履歴」からCSVをダウンロードするとG-taxで読み込めません。上記の手順通りにダウンロードをしてください。

 

なお、coincheckの推奨ブラウザは最新版のGoogle Chrome、Firefoxのようです。

CSVのダウンロードがうまくいかない方は、ブラウザもチェックしてみてください。

仮想通貨の確定申告に困ったら?

国内の仮想通貨取引所を複数お持ちの方や、海外をまたにかけてビットコイン(Bitcoin)、イーサリアム(Ethereum)、ネム(NEM)などの売買、ICOへの参加、マイニングなどをされていると取引履歴が膨大になります。「ダウンロードできたけどここからどうしよう・・・」、「周りに相談できる人がいない」と確定申告に不安を感じていると思います。

株式会社Aerial Partnersでは、仮想通貨に精通した認定仮想通貨税理士による申告までの総合的なサポートサービス『Guardian』と、仮想通貨売買の損益算出サービス『G-tax(β版)』を提供しています。

株式会社Aerial Partnersの提供する『G-tax(β版)』と『Guardian』の違いについて

2018.01.05