DMMビットコインで取引履歴をダウンロードする方法

DMMビットコインの取引履歴の取得方法

動画配信サービス等で有名なDMMグループが運営しているDMMビットコイン。2018年1月に開始した新しい仮想通貨の取引所です。
この記事では、DMMビットコインで取引履歴を取得する方法を解説いたします。

取引履歴の取得方法

まずはDMMビットコインにアクセスし、ログインしてください。

ログインしましたらマイページを開きます。
画面左側、中部にある「取引開始」をクリックします。

新しいウィンドウで画面が表示されるので、左上の「メニュー」から「報告書」をクリックしてください。

「報告書種類」の欄では「損益計算用データ」を選択、「検索条件」の欄に該当する期間を入力し、「検索」をクリックしてください。
右側に表示されたZIPファイルをすべてダウンロードしてください。

すべてのファイルのダウンロードが完了しましたら、ダウンロードしたZIPファイルをGtaxにアップロードできるように解凍していきます。
まずはエクスプローラーを開いてください。

エクスプローラーを開いたら、先ほどダウンロードしたZIPファイルを右クリックして「すべて展開」をクリックしてください。

次のような画面が表示されるので「展開」をクリックしてください。

これでファイルの解凍ができました。
解凍されたファイルの内『TRADE_RECORD_LIST_{日付}』が計算に使用する履歴です。

以上となります。

※なお、まれにDMM側の不具合で解凍後のファイルのヘッダーが異常な状態となるときがあります。
その際は、ファイルのA1~M1セルまでを以下のヘッダーに修正を行ってください。
 
約定日時,取引番号,取引区分,銘柄,売買,数量,約定レート,建玉損益,建玉損益(円),取引手数料,レバレッジ手数料,決済損益(円),円転レート

ダウンロードしたすべてのファイルを解凍してください。
以上で取引履歴の取得が完了となります。

ウォレットで入出金・預入・送付履歴を取得する方法

まずはウォレットでの取引履歴の取得方法を解説していきます。
DMMビットコインへアクセスし、ログインしたら「マイページ」をクリックしてください。

https://bitcoin.dmm.com/

DMMビットコインの取引履歴の取得方法

マイページへアクセスしたら、画面を下方向へスクロールします。

すると「入金・入庫」という文言が確認できますので、そちらをクリックしてください。

DMMビットコインの取引履歴の取得方法

すると、

・日本円入金(クイック入金)
・日本円入金(銀行振込)
・BTC入庫
・ETH入庫

という表記が確認できます。

DMMビットコインの取引履歴の取得方法

今回は「日本円入金」を例に説明していきます。

「日本円入金(クイック入金)」をクリックすると画面が変わります。
下の方へスクロールすると以下のように入金履歴が確認できます。
「全履歴をみる」をクリックしてみましょう。

DMMビットコインの取引履歴の取得方法

以下のように入金履歴が表示されます。

DMMビットコインの取引履歴の取得方法

しかし、CSVファイルへエクスポートするボタンは見当たりません(2018年9月現在)。コピー&ペーストをしてエクセルファイルやCSVファイルへ貼り付けて保存するなどで対応しましょう。なお、日本円入金(銀行振込)、BTC入庫、ETH入庫、各出金の取引履歴も同じ流れになりますので、説明は割愛いたします。

年末の仮想通貨保有数を確認しましょう

損益計算を行った際に「計算上の仮想通貨保有数」と「実際の年末仮想通貨保有数」を照らし合わせることにより計算結果の正確性を検証する方法があります。
この検証を行うことによりデータの不足が無いかなどもチェックできるのでしっかり記録しておきましょう。

取引所にログインして、ページ左側の「マイページ」をクリックしてください。

ページが移動したら下へスクロールします。

ウォレット口座」と「トレード口座」の情報が出てくるので、緑の枠で囲ってある項目をエクセルファイルに集計するか、画面をスクリーンショットして記録するなどして保管しましょう。

以上となります。

仮想通貨の税金計算をするためには?

  1. 計算に対応している取引所数国内No.1
  2. 複雑な仮想通貨の損益を自動で計算
  3. 4STEPでシンプルに計算完了
DMMビットコインの取引履歴の取得方法