gate.io(ゲート)で取引履歴をダウンロードする方法

gate.ioでの取引履歴の取得方法

gate.ioは香港の仮想通貨取引所です。規模はそれほど大きくないですが、新規通貨の上場が早く、特に中華系の通貨に強いのが特徴です。
今回はgate.ioの取引履歴の取得方法について解説します。

2018年7月にgate.ioは日本人の新規アカウント登録ができなくなっています。
IPアドレスの制限や本人確認が困難とされるためとのことです。

Guardianでの計算に必要な取引履歴一覧

Guardianを利用する際に、gate.ioで取得する必要がある取引履歴は以下の通りです。
漏れがないように記事を参照し、取得してください。

取引履歴(tradehisotry_年_月_日)

gate.ioでの取引履歴の取得方法

1. 取引履歴を取得する

まずは、gate.ioにログインします。

gate.ioでの取引履歴の取得方法

ログインしたら、上位タブの「Wallets」をクリックしてください。

gate.ioでの取引履歴の取得方法

画面が変わりますので、左に並んだタブの「Trade history」をクリックします。

gate.ioでの取引履歴の取得方法

取引履歴が確認できる画面へと遷移します。

上部タブには、左から「Markets」、「Currency」、「Date」と表示されています。
「Markets」は基軸通貨を選択します。
全てを確認したい場合は「ALL」を選択します。
「Cyrrency」は確認したい通貨を選択しますが、こちらもALLを選択することができます。
「Search」をクリックすると入力した検索条件で検索した結果を表示します。
一番右に「⬇︎」ボタンがありますが、こちらをクリックすると、取引履歴をエクセルファイルで出力してくれます。

gate.ioでの取引履歴の取得方法

出力したエクセルファイルは以下になります。

gate.ioでの取引履歴の取得方法

名前を付けて保管してください。

2. 入出金履歴を取得する

つぎに、入出金履歴を取得する方法を解説します。
先程と同様、ログインしたら「Wallets」タブをクリックします。
画面が変わったら、左にある「Recent Deposits」(預入)、または「Recent Withdrawals」(送付)をクリックします。

gate.ioでの取引履歴の取得方法

画面は「Recent Deposits」(預入)の画面です。
入出金履歴はエクセルやCSVへ出力してくれるボタンがありません。
そのため、履歴を取得するには、「No」から「Status」までドラッグ&ドロップしてコピー&ペーストする必要があります。

gate.ioでの取引履歴の取得方法

実際に、エクセルに貼り付けると以下のようになります。

gate.ioでの取引履歴の取得方法

「Recent Withdrawals」(出金)の場合も同様です。

以上が、gate.ioでの取引履歴の取得方法になります。

【完全保存版】主要仮想通貨取引所の取引履歴ダウンロード方法まとめ

2018.01.03

年末の仮想通貨保有数を確認しましょう

損益計算を行った際に「計算上の仮想通貨保有数」と「実際の年末仮想通貨保有数」を照らし合わせることにより計算結果の正確性を検証する方法があります。
この検証を行うことによりデータの不足が無いかなどもチェックできるのでしっかり記録しておきましょう。

取引所にログインして、ページ左側の「人型マーク」をクリックしてください。

ページが移動したら「Hide zero balances」にチェックを入れます。
これにより保有していない通貨の情報が隠れるので見やすくなります。

あとは、緑の枠で囲ってある通貨名と数量の情報をエクセルファイルに集計するか、画面をスクリーンショットして記録するなどして保管しましょう。

以上となります。

仮想通貨の税金計算でモヤモヤしていませんか?

  1. 2017年度サポート実績No.1
  2. 仮想通貨の税金・確定申告をおまかせ
  3. 仮想通貨に精通した税理士が徹底サポート

gate.ioをGuardianで税金計算する

gate.ioでの取引履歴の取得方法