MERCATOXで取引履歴をダウンロードする方法

MERCATOXはイギリスに拠点をおく取引所です。
取引量としては中規模の取引所になりますが、今後の成長が期待できる取引所の一つです。
今回は、MERCATOXの取引履歴の取得方法を解説します。

取引履歴の取得方法

まずは、MERCATOXへログインしてください。

https://mercatox.com/exchange/

MERCATOXの取引履歴の取得方法

ログインしたら、左側に表示されている「Transactions History」をクリックします。

MERCATOXの取引履歴の取得方法

画面が変わり、取引履歴の一覧が表示された画面へと遷移します。
Transaction idを入力すると個別の取引が表示されます。
また、Typeは「Transfer」、「Deposit」、「withdraw」、「Promo」、「Deal」、「Affiliate」と選択できます。
何も入力しなければ全取引が出力されます。
確認したい条件を入力したら、上部の真ん中より、やや左に「Download CSV」というボタンがあるので、そちらをクリックします。

MERCATOXの取引履歴の取得方法

すると、以下のように取引履歴がCSVファイルで出力されます。

MERCATOXの取引履歴の取得方法

文字の色を変えたり、背景色を変更したりするなどして見やすくすると、後ほど確認する際に便利です。

以上が、MERCATOXの取引履歴の取得方法になります。

【完全保存版】主要仮想通貨取引所の取引履歴ダウンロード方法まとめ

2018.01.03

年末の仮想通貨保有数を確認しましょう

損益計算を行った際に「計算上の仮想通貨保有数」と「実際の年末仮想通貨保有数」を照らし合わせることにより計算結果の正確性を検証する方法があります。
この検証を行うことによりデータの不足が無いかなどもチェックできるのでしっかり記録しておきましょう。

取引所にログインして、ページ左側の「E-WALLET」をクリックしてください。

ページが移動したら右側に少し小さくて見えにくいのですが「Hide zero balance」あるのでこれをクリックします。
これにより保有していない通貨の情報が隠れるので見やすくなります。

あとは、緑の枠で囲ってある項目の情報をエクセルファイルに集計するか、画面をスクリーンショットして記録するなどして保管しましょう。

以上となります。

仮想通貨の確定申告(税金)にお困りですか?

仮想通貨の取引で一定の利益が出た方は確定申告が必要です。申告をしないと申告漏れによるペナルティが課される可能性があります。株式会社Aerial Partners(エアリアル・パートナーズ)では、仮想通貨に精通した税理士による申告までの総合的なサポートサービス『Guardian(ガーディアン)』と、仮想通貨取引の損益計算システム『Gtax(ジータックス)』を提供しています。