Guardianの仮想通貨決済への対応方針について

2018年度Guardianの利用料金について、昨年と同様仮想通貨決済への対応を進めておりましたが、現在導入準備を進めていた決済システムに不具合が発生している影響から、他のシステムを利用しての対応を行うことといたしました。仮想通貨決済システムの導入は、10月末を目処に対応してまいります。

現在、Guardianで期間限定で行っている早期申込割引をご希望のお客様は、手間をお掛けしてしまい誠に恐縮ですが、円貨で決済していただきますようお願いいたします。

仮想通貨決済の所得発生タイミングについて

なお、仮想通貨決済の場合には、決済時点で利益が確定し課税されることとなります(『仮想通貨に関する所得の計算方法等について(情報)』第2項を参照)。そのため、以下の2つは税務上同様の扱いとなります。

①Guardianの申込時に仮想通貨決済をする場合
②ご利用になる仮想通貨をいったん円に交換してから円貨で利用料金を決済をする場合

※正確には、利益確定のタイミングにより損益は変動いたします。

仮想通貨決済をご希望のお客様におかれましては、対応までの間、今しばらくお待ちいただきますようよろしくお願いいたします。

2018年の仮想通貨の確定申告は大丈夫?

昨年度以前に確定申告をしていない方を中心に、今年の確定申告に不安を感じている方も多いと思います。仮想通貨取引所の口座やウォレットを複数お持ちの方、ICOへの参加やマイニング等複数の取引をされて取引履歴が膨大になってしまっている方を中心に、「取引履歴をダウンロードできたけどここからどうしよう・・・」、「周りに相談できる人がいない」と考えている方も多いのではないでしょうか。

反面、確定申告による問題は放置をしておくとより複雑になり、準備や申告をまったくしていない場合は、税務調査の対象になった際に対応が難しいこともあります。仮想通貨取引による確定申告に不安のある方は、是非お気軽にお問い合わせください。

仮想通貨の確定申告(税金)にお困りですか?

仮想通貨の取引で一定の利益が出た方は確定申告が必要です。申告をしないと申告漏れによるペナルティが課される可能性があります。株式会社Aerial Partners(エアリアル・パートナーズ)では、仮想通貨に精通した税理士による申告までの総合的なサポートサービス『Guardian(ガーディアン)』と、仮想通貨取引の損益計算システム『Gtax(ジータックス)』を提供しています。