FISCO(フィスコ)で取引履歴をダウンロードする方法

今回は、FISCO(フィスコ)の取引履歴を取得する方法を紹介いたします。フィスコはJASDAQ上場企業の株式会社フィスコが運営する仮想通貨の取引所です。2016年より運営を開始しています。株式会社フィスコは2018年10月にテックビューロ株式会社より仮想通貨取引所「Zaif」の事業を継承すると発表され、大きく注目を集めました。ビットコイン(BTC)、ビットコインキャッシュ(BCH)、モナコイン(MONA)を取引することができます。

Guardianでの計算に必要な取引履歴一覧

Guardianで損益計算をする際に、フィスコで取得する必要がある取引履歴は以下の通りです。漏れがないように記事を参照し、取得してください。
※フィスコで取得したCSVファイルを開くと、ご利用の環境によって文字が正しく表示されないことがあります。Gtaxをご利用する場合は、そのままでも問題なく取り込めますので、データを変更せず、そのままアップロードしてください。
取引履歴(売買履歴)
入金履歴(deposit)
出金履歴(withdraw)

フィスコ取引履歴の取得方法

早速、フィスコでの取引履歴の取得方法を紹介していきます。

「取引履歴(売買履歴)」の取得方法

1.ログイン
https://fcce.jp/

2.取引履歴へ
ログインしたら右上にある「取引」をクリックしてください。
すると以下の画面が表示されますので、左上の「取引履歴」をクリックします。

以下の画面へ遷移します。
右部にある「csv download」をクリックし、取引履歴CSVという画面が表示してください。

3.取引履歴CSVへ
取引履歴CSV画面を開くと、最新年度の取引履歴CSVのダウンロード画面が表示されています。
ですので、「他の年を選択」をクリックし、年度ごとに履歴を選択してください。
選択後、画面中央部に表示されている「ファイル名のURL」をクリックするとZIPファイルでダウンロードすることができます。

ZIPファイルをご使用になる際は、各々の「ZIPパスワード」を使い展開してお使いください。

「入出・出金履歴」の取得方法

次に、各通貨の入出金履歴のダウンロード方法を説明します。

現在(2019年1月25日)フィスコでは、全ての入出金履歴を一括でダウンロードすることはできず、それぞれの通貨のごとに取得する必要があります。

1.入出金へ
取引画面から

取引画面上部の真ん中よりやや左にある「入出金」をクリックします。

すると、以下の画面へ遷移しまので、「通貨」を選択してください。

2.入出金のダウンロード
選択後、下方向へスクロールするとそれぞれの履歴が表示されています。
「csv download」をクリックすると履歴がCSVファイルでダウンロードされます。

以上で取引履歴の取得は完了です。

【完全保存版】主要仮想通貨取引所の取引履歴ダウンロード方法まとめ

2018.01.03

年末の仮想通貨保有数を確認しましょう

損益計算を行った際に「計算上の仮想通貨保有数」と「実際の年末仮想通貨保有数」を照らし合わせることにより計算結果の正確性を検証する方法があります。
この検証を行うことによりデータの不足が無いかなどもチェックできるのでしっかり記録しておきましょう。

仮想通貨の税金計算でモヤモヤしていませんか?

  1. 2017年度サポート実績No.1
  2. 仮想通貨の税金・確定申告をおまかせ
  3. 仮想通貨に精通した税理士が徹底サポート

FISCOをGuardianで税金計算する

まず取引所にログインします。
ページ上部の「保有資産」をクリックしてください。


保有している通貨と数量が出てくるので緑の枠で囲ってある項目の情報をエクセルファイルに集計するか、画面をスクリーンショットして記録するなどして保管しましょう。

以上となります。