仮想通貨損益計算ソフト『Gtax』が『会計freee』と連携。仮想通貨の損益計算から確定申告までをオンラインで完結させるサービス開発を開始

PDFはこちら

仮想通貨損益計算サービス「Gtax」を提供する株式会社Aerial Partners(代表取締役 沼澤健人、以下Aerial Partners)は、「クラウド会計ソフト 会計freee(以下会計freee)」を提供するfreee株式会社(代表取締役CEO 佐々木大輔 、以下freee)と業務提携し、「Gtax」で計算した結果を「会計freee」と連携させることで確定申告をすべてオンライン上で完結させるサービスの開発に着手いたしました。また、電子申告を税理士にまかせたい方向けの「会計freee × Gtaxプラン(仮称)」を提供します。

仮想通貨の確定申告の電子化・自動化を進め、仮想通貨税務におけるユーザー体験を快適にし、ブロックチェーン技術の社会実装を進めてまいります。

提携の背景・意義

「仮想通貨元年」と呼ばれた2017年は、個人投資家の多くにとって初めての確定申告となり、専門的知識が必要とされる確定申告書の作成や税務署への提出を自ら行うためには、膨大な手間と時間がかかっていました。『Gtax』では、仮想通貨損益を計算することができ、計算結果に基づいて確定申告を行うことが可能ですが、確定申告書の作成と申告については、自ら行うか、対応できる税理士を探す必要がありました。

そこで、複雑かつ煩雑な仮想通貨による損益計算と専門的知識と労力が必要とされる確定申告書の作成や税務署への提出をシームレスに行うために、確定申告書の作成から電子申告までをクラウドで行うことができるサービス「会計freee」と「Gtax」を連携し、仮想通貨所得の確定申告をすべてWeb上で完結させるサービスの開発に着手いたしました。

会計freee:https://www.freee.co.jp/
Gtax:https://crypto-city.net/

サービス連携の概要

「G-tax」の損益計算ページ上に「会計freee」とのシームレスな連携機能を開発します。これにより、ユーザーは、両サービスを用いて、所得税の確定申告から仮想通貨の損益計算と確定申告書の作成までをオンラインで行うことが可能になります。

具体的な連携内容

  • 仕訳データの出力対応
  • 「Gtax」上で作成した仕訳データについて、「会計freee」へ取込可能な形式でGtaxから出力可能になりました。これにより個人事業主や法人の方が仮想通貨損益を計算して記帳することが可能になり、これまで手作業によって膨大な手間と時間がかかっていた仕訳作業を自動化いたします。

  • 「会計freee × Gtaxプラン(仮称)」
  • 作成した申告書については、仮想通貨に精通した税理士に電子申告をまかせることができる「会計freee × Gtaxプラン(仮称)」を提供し、税務の専門家によるサポートを行います。

  • オンライン上で電子申告まで完結可能に
  • また、マイナンバーカードなどお持ちの方であればfreeeによって、税務署に行くことなくオンライン上で電子申告まで完結させることが可能になります。

■freee株式会社 会社概要
会社名:freee株式会社
設立:2012 年7月9日
所在地:東京都品川区西五反田2-8-1 ファーストビル9F
代表者:代表取締役CEO 佐々木大輔
URL:https://corp.freee.co.jp/

■株式会社Aerial Partners
名称 :株式会社Aerial Partners
設立:2016年12月27日
所在地 :東京都港区六本木五丁目2番1号 ほうらいやビル3F
代表者 :代表取締役 沼澤 健人
事業内容:仮想通貨損益の自動計算ツール『Gtax』、税理士紹介&仮想通貨取引の損益計算サービス『Guardian』などの開発
URL :https://www.aerial-p.com/

仮想通貨の確定申告(税金)にお困りですか?

仮想通貨の取引で一定の利益が出た方は確定申告が必要です。申告をしないと申告漏れによるペナルティが課される可能性があります。株式会社Aerial Partners(エアリアル・パートナーズ)では、仮想通貨に精通した税理士による申告までの総合的なサポートサービス『Guardian(ガーディアン)』と、仮想通貨取引の損益計算システム『Gtax(ジータックス)』を提供しています。