【期間限定】プレミアムプランお試しキャンペーン

11月に入り、確定申告を意識する時期が近づいてまいりました。
仮想通貨の損益計算では、その性質上、最新の年度(2021年度)の計算をするには過去のすべての年度の計算が完了していなければいけません。

今回は期間限定でプレミアムプランをご利用いただけるお試しキャンペーンをご用意いたしました。2021年度の確定申告期を迎える前に2020年度までの損益計算を完了させておきましょう!

キャンペーン概要

実施期間

2021年11月16日(火)~2021年12月3日(金)

対象の方

2020年度でフリープランを利用している方

キャンペーン内容

上記期間の間、2020年度、2021年度の計算を無料で実施することができます。(最上位プランの「プレミアムプラン」が適用される形となります。)期間が終了すると、もとのプランに戻ります。2019年度以前は元々無料ですのですべての年度の計算が行えます。

キャンペーン利用方法

対象の方には自動的にキャンペーンが適用されるので、エントリー等は必要ありません。Gtaxの画面上に「キャンペーン適用中」という表示がされます。

※2021年度の計算については、キャンペーン終了後に取引を行うと、その取引を含めた損益計算を再度行う必要があります。その際には、取引状況に応じたプランを利用する必要がありますので予めご了承ください。

Gtaxの料金体系について

キャンペーンの説明に入る前に、まずはGtaxの料金体系について説明します。

Gtaxで損益計算を行うためには取引件数に応じたプラン料金をお支払いいただく必要がございます。(料金表については以下を参照)

Gtaxの料金体系は、有効期限のあるサブスクリプションではなく、各年度の計算に対して料金が発生します。年度ごとに買い切りとなりますので、一度購入した年度については永久的に計算結果の確認や取引内容の編集が可能です。(2019年以前の計算についてはすべて無料です。)

例えば2018年から取引を行っていて、2018年~2021年の計算を行うには、2018年、2019年、2020年、2021年と4年分の計算を行う必要があり、2020年、2021年については取引状況によりそれぞれ料金がかかります。

キャンペーン期間中に無料で損益計算を行うメリット

仮想通貨の損益計算では、過去の年度の計算を行っていない状態で最新の年度だけ計算を行うということができません。最新の年度の計算を行うには利益の有無に関わらず、過去のすべての年度の計算を行う必要があります。

以下の「Aさん」は、2021年度の計算を行いたいのですが、そのためには2019年、2020年の計算の計算を完了させておく必要があります。Gtaxでは、2020年度以降から料金がかかるので、2020年、2021年の2年分の料金が取引状況に応じてかかります。(2019年以前はすべて無料で計算できます)

キャンペーン期間中に2020年度までの計算を無料で行い、計算結果を確定※させれば、その計算データを引き継いで、2021年度以降も計算を行うことができます。(2020年度については今後も料金を支払う必要はありません)

※計算結果の確定とは・・・損益計算を行った年度の取引内容や計算結果を確定する機能です。計算結果を確定することで、翌年度以降データを引き継いで計算することができるようになります。詳しくはこちら

注意事項

キャンペーン期間が終了するとお客様のアカウントは自動的にフリープランになります。損益計算が完了している場合でも、「計算結果の確定」を行っていない場合は取引状況によって損益計算の結果を確認することができなくなりますので、計算完了後は必ず計算結果を確定させてください。

「計算結果を確定」している場合は、キャンペーン期間が終了した後でも取引内容や損益額などを確認できますが、計算結果の確定を解除して取引履歴の再アップロードや編集を行う場合は、取引状況に応じたプラン料金を払う必要ありますのでご注意ください。

【計算結果の確定とは】
https://support.crypto-city.net/hc/ja/articles/360019882452