PolygonScan(ポリゴンスキャン)でトランザクション履歴を取得する方法

仮想通貨の損益計算サービスGtaxのDeFiデータ登録機能を利用することでDeFiの取引データを取込することができます。今回は、対応している履歴の一つのPolygonのブロックチェーンエクスプローラーである「PolygonScan」のトランザクション履歴を取得する方法を説明していきます。

Gtaxでの計算に必要な取引履歴の一覧

Gtaxで計算を行う上でPolygonScanで取得する必要がある取引履歴は以下の通りです。漏れがないように記事を参照し、取得してください。
・PolygonScan_Matic
・PolygonScan_Token
・PolygonScan_Internal

トランザクション履歴の取得方法

PolygonScan_Maticの取得方法

まずはウォレットのPolygonアドレスを準備し、PolygonScanのページでアドレス検索します。

PolygonScan URL:https://polygonscan.com/

アドレスを入力し検索すると以下のような画面が表示されます。

「Transactions」を選択して「CSV Export」をクリックして下さい。

すると以下のような画面が表示されるので、期間を指定して「Download」をクリックしたら完了です。

注意事項

一つのファイルに記載される件数の上限が5,000件のため、5,000件以上の取引がある方は、期間を絞って分割してダウンロードしてください。

PolygonScan_Tokenの取得方法

上の、「PolygonScan_Maticの取得方法」で説明したように、PolygonScanのページからウォレットのPolygonアドレスを検索したら、「BEP-20 Token Txns」を選択してください。

「CSV Export」をクリック。

すると以下のような画面が表示されるので、期間を指定して「Download」をクリックしたら完了です。

注意事項

一つのファイルに記載される件数の上限が5,000件のため、5,000件以上の取引がある方は、期間を絞って分割してダウンロードしてください。

PolygonScan_Internalの取得方法

上の、「PolygonScan_Maticの取得方法」で説明したように、PolygonScanのページからウォレットのPolygonアドレスを検索したら、「Internal Txns」を選択してください。

「CSV Export」をクリック。

すると以下のような画面が表示されるので、期間を指定して「Download」をクリックしたら完了です。

注意事項

一つのファイルに記載される件数の上限が5,000件のため、5,000件以上の取引がある方は、期間を絞って分割してダウンロードしてください。

仮想通貨(暗号資産)の税金計算をするためには?

  1. 計算に対応している取引所数国内No.1
  2. 複雑な仮想通貨の損益を自動で計算
  3. DeFiのトランザクション履歴に対応