Krakenの取引履歴の取得方法

Krakenは2011年にアメリカで開設された仮想通貨取引所の中でも老舗の取引所です。日本の仮想通貨交換業登録の申請を行っている旨のリリースも出しており、サービスの日本語化にもいち早く対応しています。そんなKrakenでの取引履歴と入出金履歴のダウンロード方法をご紹介します。

Krakenの取引履歴の取得は簡単

Krakenの取引履歴はひとつのタブにまとめられているので比較的簡単に取得が可能です。

1.Krakenにログインする
Kraken

Krakenログイン

2.ログイン後「履歴」をクリックします

3.「履歴」の下に表示される「エクスポート」を選択します

4.「trades」履歴の取得

Krakenの履歴はこの画面で「trades」と「ledgers」を両方ダウンロードできます。ここでは「trades」を選択して、最初の取引から最新の日付を設定します。

期間が設定できたらその下にあるフィールドの「全て選択」にチェックを入れ、「送信」ボタンを押します。すると上に緑枠で「エクスポートのリクエストを受理しました。」と表示され、「Request」欄に今回のリクエストの表示が出ます。早ければ数分もするとダウンロード可能なリンクができますのでブラウザをリロードしてみましょう。

次に、エクスポートをクリックします

さらに「ledgers」を選択して、最初の取引から最新の日付を設定します。
入出金履歴も同様にフィールドの「全て選択」にチェックを入れ、「送信」ボタンを押します。「Request」欄にてダウンロードが可能になったら取得します。


これで取引履歴と入出金履歴がダウンロード可能になりました。リクエスト後にダウンロード可能になる時間は取引量によって変わりますので時間がかかる場合もあります。またダウンロード期限が設定されその期間を過ぎると再度ダウンロードのリクエストが必要なので早めにダウンロードすることをおすすめします。

仮想通貨の確定申告に困ったら?

国内の仮想通貨取引所を複数お持ちの方や、海外をまたにかけてビットコイン(Bitcoin)、イーサリアム(Ethereum)、ネム(NEM)などの売買、ICOへの参加、マイニングなどをされていると取引履歴が膨大になります。「ダウンロードできたけどここからどうしよう・・・」、「周りに相談できる人がいない」と確定申告に不安を感じていると思います。

株式会社Aerial Partnersでは、仮想通貨に精通した認定仮想通貨税理士による申告までの総合的なサポートサービス『Guardian』と、仮想通貨売買の損益算出サービス『G-tax(β版)』を提供しています。

株式会社Aerial Partnersの提供する『G-tax(β版)』と『Guardian』の違いについて

2018.01.05