BITFINEX(ビットフィネックス)で取引履歴をダウンロードする方法

BITFINEX(ビットフィネックス)は香港に拠点を持つ、ドル建てビットコイン取引量世界一を誇る仮想通貨取引所です。ビットコイン、イーサリアム、ライトコイン、リップルなどを中心に40種類以上の仮想通貨を扱うなど利便性に優れているのも特徴となっています。

Gtaxでの計算に必要な取引履歴一覧

Gtaxを利用する際に、BITFINEXで取得する必要がある取引履歴は以下の通りです。
漏れがないように記事を参照し、取得してください。

ウォレット履歴(Ledgers)
※2022年11月14日より、すべての取引履歴が記載された「Ledgers」に対応しました。
それに伴い、売買履歴、入金履歴、出金履歴の取込口は廃止となりました。
既に売買履歴、入金履歴、出金履歴を取込んでいる方は、アップロード履歴から削除した後、「Ledgers」で取り込みをお願いいたします。

BITFINEXの取引履歴の取得方法

BITFINEXにログイン後、右上の「Wallet」にカーソルを合わせ、「Reports」をクリックします。

期間を選択する
Reports」のページに移動したら、左上の日付をクリックしてください。
すると、期間を選択する画面が出てくるので、必要な期間を選択し、「Confirm」をクリックしてください。

ファイルのエクスポート
期間を選択したら、画面上部の「Export」をクリックします。

「Data to export」の欄をクリックし、「Ledgers」を選択します。
「Date Format」の部分では「YY-MM-DD」を選択し、「Export」をクリックしてください。

登録したメールアドレスに、取引履歴のZipファイルが添付されます。

zipファイルを開き、ledgersのcsvファイルをアップロードしてください。

【完全保存版】主要仮想通貨取引所の取引履歴ダウンロード方法まとめ

2020年8月6日

年末の仮想通貨保有数を確認しましょう

損益計算を行った際に「計算上の仮想通貨保有数」と「実際の年末仮想通貨保有数」を照らし合わせることにより計算結果の正確性を検証する方法があります。
この検証を行うことによりデータの不足が無いかなどもチェックできるのでしっかり記録しておきましょう。

取引所にログインして、ページ右上の「Wallets」をクリックしてください。

ページが移動したら「HIDE SMALL BALANCES」にチェックを入れます。
これにより保有していない通貨の情報が隠れるので見やすくなります。

あとは、緑の枠で囲ってある「NAME(通貨名)」「TOTAL(残高計)」の情報をエクセルファイルに集計するか、画面をスクリーンショットして記録するなどして保管しましょう。

以上となります。

仮想通貨の税金計算をするためには?

  1. 計算に対応している取引所数国内No.1
  2. 複雑な仮想通貨の損益を自動で計算
  3. 4STEPでシンプルに計算完了