TREZORの取引履歴の取得方法

TREZORは、故障・紛失してもパスフレーズさえあれば復元でき、仮想通貨を安全に保管できるハードウェアウォレットです。
ビットコイン(BTC)だけではなくビットコインキャッシュ(BCH)やEthereum(ETH)などのアルトコインにも対応をしていて、仮想通貨のセキュリティー強化のために使っている方も増えているのではないでしょうか。ここでは、TREZORの取引履歴の取得方法を説明します。

TREZORの取引履歴は通貨ごとに取得が必要

TREZORの取引履歴は通貨ごとに分かれています。それぞれダウンロードしてください。

複数の通貨を保管している場合、通貨ごとにCSVをダウンロードする必要があります(2018年2月時点)。確定申告に必要な取引履歴をダウンロードして税務申告に備えましょう。

取引履歴の取得方法

今回は使っている方が多い「TREZOR Bitcoin Wallet」での入手方法を説明します。

1.TEZOR公式サイトにアクセスします

TREZOR Bitcoin Wallet (Official) をクリックし公式サイトにアクセスします。画面が表示されたら「Wallet」をクリックします。

2.TREZORを接続する

「Connect TREZOR to continue」と表示されるので、TERZORを接続してください。

3.PINの入力

PINコードを入力します。TREZORの画面に数字が表示されるので、TREZORの画面を見ながらPINコードを入力してください。

「Enter」を押すと連携が始ります。

3.取引履歴の取得

まずは入手したい通貨を選択します。今回は「Bitcoin(BTC)」で説明します。

矢印の位置をクリックします。

すると取扱通貨のドロップダウンリストが出てきます。
今回は「Bitcoin(BTC)」選択します。

通貨を選択すると、選択した通貨の取引履歴が表示されます。

取引履歴のCSVデータは「Transactions」の右のアイコンをクリックするとダウンロードできます。ファイル名に通貨が分かるように「bitcoin」と通貨名を追記しましょう。

あとは必要な通貨のCSVをダウンロードしてください。

仮想通貨の確定申告に困ったら?

国内の仮想通貨取引所を複数お持ちの方や、海外をまたにかけてビットコイン(Bitcoin)、イーサリアム(Ethereum)、ネム(NEM)などの売買、ICOへの参加、マイニングなどをされていると取引履歴が膨大になります。「ダウンロードできたけどここからどうしよう・・・」、「周りに相談できる人がいない」と確定申告に不安を感じていると思います。

株式会社Aerial Partnersでは、仮想通貨に精通した認定仮想通貨税理士による申告までの総合的なサポートサービス『Guardian』と、仮想通貨売買の損益算出サービス『G-tax(β版)』を提供しています。

株式会社Aerial Partnersの提供する『G-tax(β版)』と『Guardian』の違いについて

2018.01.05