HashHubレンディングで取引履歴をダウンロードする方法

国内の仮想通貨レンディングサービスであるHashHubレンディング。着実に仮想通貨を増やすことができるサービスとして注目されていますが、レンディングで得た報酬には税金がかかり、確定申告の際には取引所などで行った他の仮想通貨取引とあわせて損益計算を行う必要があります。

このページでは損益計算をする際に必要なHashHubレンディングの取引履歴の取得方法を解説します。

ビットコインなどの仮想通貨レンディングにかかる税金と計算方法を解説

2019.09.18

Gtax、Guardianでの計算に必要な取引履歴

仮想通貨の損益計算ソフトGtax仮想通貨の確定申告サポートGuardianで計算をする際に、HashHubレンディングで取得する必要がある取引履歴は以下のとおりです。

・取引履歴(hashhub-lending-transactions.csv)

HashHubレンディングで取引履歴を取得する方法

HashHubレンディングにログインしたら画面右上のメニューから「設定」をクリックします。

設定画面に移動したら、「CSVダウンロード」をクリックします。
取引履歴の期間を選択して、「ファイルを作成」してダウンロードしたら完了です。

仮想通貨(暗号資産)の税金計算をするためには?

  1. 計算に対応している取引所数国内No.1
  2. 複雑な仮想通貨の損益を自動で計算
  3. 4STEPでシンプルに計算完了